PR

スポーツ スポーツ

大阪で予定の春場所は東京開催か コロナ禍、理事会で協議

 大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪での実施を目指してきた3月14日初日の大相撲春場所について、新型コロナウイルス感染状況により、東京都墨田区の両国国技館で開催される可能性が高まっていることが27日、日本相撲協会関係者の話で分かった。地方場所は昨年3月の春場所を最後に途絶えている。相撲協会は28日に国技館で定例理事会を開き、春場所の運営方式を協議する。

 関係者によると、これまで感染症の専門家が大阪市の会場などを視察し、感染対策について準備を進めてきた。関西圏に発令中の緊急事態宣言が期限の2月7日で解除されるか否かが不透明な点や、宿舎が分散することによる医療体制の確保が懸念されているという。

 相撲協会は協会員約900人規模の移動のリスクを踏まえ、昨年の名古屋、九州の2場所を東京開催に変更した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ