PR

スポーツ スポーツ

コロナ関連で初場所全休の関取は1枚ほど降下か 大相撲

 日本相撲協会審判部の伊勢ケ浜部長(元横綱旭富士)は27日、新型コロナウイルス感染や濃厚接触の可能性があるため初場所を全休した力士65人について、横綱白鵬を除く十両以上の関取は大相撲春場所(3月14日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付で変動があることを示唆した。関係者によると、1枚ほどの降下とみられる。コロナ関連で全休した幕下以下50人は据え置きとなった。

 白鵬を除いて全休した関取14人について、伊勢ケ浜部長は「(コロナ絡みで)休んだ関取衆を公平にして作成した」と出場力士との兼ね合いを強調。初場所では宮城野、荒汐、九重、友綱の4部屋が全休措置になり、平幕では感染した若隆景や千代翔馬らが出場できなかった。

 昨年秋場所を集団感染のため全休した玉ノ井部屋の力士全員は番付が据え置かれていた。伊勢ケ浜部長は今後もコロナ関連で全休力士の番付について、編成会議で状況に応じて協議するとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ