PR

スポーツ スポーツ

2時間20分切り、ぶれない目標 大阪国際にかける前田穂南

 年末年始は山口県の周防大島で合宿に臨み、合宿の合間に地元の大阪に帰って初詣で引いたおみくじは「大吉」だった。改めて迎えた五輪イヤー。少し時計の針が止まっていた中で、地元を走る大阪国際から五輪への一歩を踏み出す。

 自分がマラソンを走る理由について問われると、日頃から「深く考えていない」と話す。ただ、「走るのは楽しい」と繰り返してきた。やめたいと思ったことも一度もない。自身7回目のマラソンはプロセスもこれまでとは違うが、新たな自分を発見するためにスタートラインに立つ。(丸山和郎)

 まえだ・ほなみ 1996年7月17日生まれ。大阪薫英女学院高から2015年に天満屋入社。17年1月の大阪国際で初マラソン。19年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝し、東京五輪代表に決まった。マラソンの自己ベストは2時間23分48秒(18年大阪国際)。好きな食べ物は桃。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ