PR

スポーツ スポーツ

平幕大栄翔が初V 朝乃山、正代は11勝

【大相撲一月場所(初場所)千秋楽】表彰式で優勝杯を受け取る大栄翔=両国国技館(加藤圭祐撮影)
【大相撲一月場所(初場所)千秋楽】表彰式で優勝杯を受け取る大栄翔=両国国技館(加藤圭祐撮影)

 大相撲初場所千秋楽は24日、両国国技館で行われ、平幕大栄翔が隠岐の海を突き出し、13勝2敗で初優勝を果たした。埼玉県出身、追手風部屋勢ともに初制覇。

 大関対決は朝乃山が正代を押し出し、ともに初のかど番だった場所を11勝4敗で終えた。関脇は照ノ富士が11勝目、隆の勝が9勝目を挙げ、小結は高安、御嶽海ともに9勝6敗だった。大栄翔は3度目の殊勲賞と初の技能賞。照ノ富士と新入幕で9勝の翠富士も技能賞に輝いた。

 十両は剣翔が不戦勝により12勝3敗で制した。春場所は3月14日にエディオンアリーナ大阪で始まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ