PR

スポーツ スポーツ

発熱者出た明大の3選手が棄権 全日本卓球、計51人に

 大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で開かれている卓球の全日本選手権大会事務局は15日、新型コロナウイルス感染防止に関する大会規定に沿って、同日の4回戦に出場予定だった明大の3選手を棄権扱いにすると発表した。同行していた別の選手が発熱したため。今大会の棄権選手はけがなども含めて計51人となった。

 棄権を求められたのは前々回大会でジュニアの部の男子シングルスを制した戸上隼輔と菅沼湧輝、宮川昌大。発熱した選手は38度の発熱があった14日夜に病院を受診してPCR検査を受け、15日午後に結果が出るという。発熱者と濃厚接触者の疑いがある選手、スタッフは来場できないが、別行動だった前回王者の宇田幸矢と龍崎東寅、沼村斉弥の3選手は4回戦に出場した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ