PR

スポーツ スポーツ

松山は最下位42位に沈む 米男子ゴルフ第2日

第2ラウンド、8番でラインを読む松山英樹。通算2オーバーで最下位の42位=プランテーション・コース(共同)
第2ラウンド、8番でラインを読む松山英樹。通算2オーバーで最下位の42位=プランテーション・コース(共同)

 米男子ゴルフのセントリー・チャンピオンズは8日、ハワイ州カパルアのプランテーション・コース(パー73)で第2ラウンドが行われ、松山英樹は1バーディー、3ボギーの75と振るわず、通算2オーバー、148で最下位の42位に沈んだ。

 6バーディーの67で回ったハリス・イングリッシュ(米国)が通算14アンダー、132で単独首位。2打差の2位にジャスティン・トーマス(米国)ら4人が並んだ。昨年のツアー優勝者や昨季ポイント上位の42人が出場し、予選落ちなしで争う。

■松山英樹の話「何もうまくいかなかった。パットで、いいストロークをしても入らない。これだけ入らないと悩んでしまう。何か原因があるからこうなっている。残り2日で(原因を)見つけたい」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ