PR

スポーツ スポーツ

川井姉妹らが強化合宿開始 レスリング女子の五輪代表

 レスリング女子57キロ級の川井梨紗子、62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)姉妹ら東京五輪代表が8日、新型コロナウイルスの感染防止策を講じ、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で強化合宿をスタートした。

 首都圏1都3県に緊急事態宣言が再発令されたが、五輪代表が次戦に予定する4月のアジア選手権(カザフスタン)に向け、状態を確認するために13日まで実施。68キロ級の土性沙羅(東新住建)や76キロ級の皆川博恵(クリナップ)も参加し、スパーリングなどで約2時間、汗を流した。

 五輪代表らは合宿前後にPCR検査を受け、最低限の外出にとどめるなど対策を徹底。日本協会の西口茂樹強化本部長は「今回の宣言で練習環境がなくなる選手もいる。五輪で結果を出すためにも必要な合宿」と説明した。女子合宿の後に予定した男子のフリースタイル、グレコローマンスタイルの合宿は中止する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ