PR

スポーツ スポーツ

巨人残留の菅野「日本一奪還を目指す」 大リーグ挑戦は今後検討

巨人の菅野智之投手
巨人の菅野智之投手
その他の写真を見る(1/2枚)

 ポスティングシステムによる米大リーグへの移籍で合意できず、プロ野球巨人に残留が決まった菅野智之投手(31)は8日、球団を通じ、「新型コロナウイルスの影響が深刻化する中での動向を見極めた結果、今季も読売巨人軍でプレーしようという結論に至った。応援していただいているファンの皆さまのご期待に応えられるよう、リーグ優勝と日本一奪還に向けて全力を尽くす」とコメントした。

 巨人は早期に菅野との契約を締結する方針で、山口寿一オーナーは「世界でコロナ禍が深刻化する中、悩み抜いた末に残留を決断してくれ、感謝する。菅野投手は巨人軍の大黒柱。チームとともに一層飛躍してもらえるよう、全力で支援していく」と談話を発表した。

 菅野の米大リーグ球団との交渉期限は米東部時間7日午後5時(日本時間8日午前7時)だった。来季以降について菅野は「今シーズン後に改めて自分の夢、将来を考えたい」としている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ