PR

スポーツ スポーツ

原沢らをマスターズ派遣 柔道の11カ月ぶり国際大会

原沢久喜
原沢久喜

 全日本柔道連盟は4日、世界ランキング上位者で争うマスターズ大会(11~13日・ドーハ)の派遣選手を発表し、東京五輪代表勢では男子が100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)、90キロ級の向翔一郎(ALSOK)、女子は78キロ級の浜田尚里(自衛隊)、57キロ級の芳田司(コマツ)、48キロ級の渡名喜風南(パーク24)の計5人が名を連ねた。

 女子52キロ級の阿部詩(日体大)は参加の意向を示していたが、関係者によると状態が万全ではなく回避したという。

 日本選手が国際大会に出場すれば昨年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ大会(ドイツ)以来約11カ月ぶりで、新型コロナウイルスの感染拡大後では初めて。久しぶりの海外勢との実戦となり、男子の井上康生、女子の増地克之両監督も同行する。マスターズ大会は原則として各階級の世界ランキング上位36人に出場資格がある。

 男子は73キロ級の橋本壮市(パーク24)と60キロ級の永山竜樹(了徳寺大職)、女子は52キロ級の志々目愛(了徳寺大職)ら五輪代表補欠も選ばれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ