PR

スポーツ スポーツ

後半48分で引き分け 東福岡、抽選で準決勝進出 東海大大阪仰星と決着つかず

【東福岡-東海大大阪仰星】後半、東福岡の選手にタックルする東海大大阪仰星の薄田。実力校の意地がぶつかり合った=花園ラグビー場(松永渉平撮影)
【東福岡-東海大大阪仰星】後半、東福岡の選手にタックルする東海大大阪仰星の薄田。実力校の意地がぶつかり合った=花園ラグビー場(松永渉平撮影)

 ラグビーの全国高校大会第5日は3日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で準々決勝4試合が行われ、4大会ぶりの頂点を目指す東福岡(福岡第1)は東海大大阪仰星(大阪第1)と21-21で引き分け、抽選で準決勝に進出した。

 後半の試合時間はロスタイムを含めて48分。東福岡と東海大大阪仰星が力を出し尽くしたぶつかり合いはともに3トライ、3ゴールで引き分け。試合後の抽選で準決勝への出場権を得た東福岡のロック、永住主将は「東海大大阪仰星から『ありがとう』『いいゲームだった』と言われた。勝った負けた以上に楽しかった。あんな熱い試合ができたことがうれしい」。藤田監督は「FWとFWが気持ちいいくらいやり合えた」と選手たちをたたえた。

 名門同士の対決。わずかなミスが失点に直結する息詰まる試合運びだった。東福岡は後半、一時は21-7としたが、21分に追い付かれ、23分の勝ち越し機ではPGを失敗。ロスタイムは敵陣で試合を進めるも東海大大阪仰星も必死の防御で応戦。22メートルライン付近からゴールの裏へ蹴ったボールを途中出場の西端がインゴールで押さえ、決勝トライかと思われたが、直前のプレーでボールを追った相手選手を妨害したとしてトライは認められなかった。

 両校が意地を見せた一戦。東海大大阪仰星の主将でSO近藤は「30人で戦っていたようで一体感があった」と達成感も入り交じりながら振り返り、湯浅監督は「最高。感謝しかない。持てるものをしっかり出したなと思います」と涙ぐんだ。

 東福岡は準決勝で京都成章と戦う。永住は「東海大大阪仰星の分の思いを背負って戦おうと思っている」と気迫を込めた。(嶋田知加子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ