PR

スポーツ スポーツ

井岡「レベルの差見せる」 田中「勝つ気満々」 ボクシング世界戦

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ(31日、東京・大田区総合体育館)の前日計量が30日、東京都内で行われ、同級王者で2度目の防衛を目指す井岡一翔(かずと、Ambition)、挑戦者で同級1位の田中恒成(畑中)はともに上限の52・1キロで1回でパスした。

 計量後にオンラインで記者会見した井岡は、挑戦者の田中について「見下しているとかではないけど、気にしていない存在」と話し、「誰がチャンピオンか証明する。格の違い、ボクシングのレベルの差を見せられたら」と意気込んだ。

 田中はフライ級から1階級上げ、男子では井岡に続く日本人2人目の世界4階級制覇が懸かる。オンライン記者会見で「(体重を)落とす分が少しなくなったので、一番いい減量調整ができた。力がみなぎっている」と強調。試合に向け、「勝つ気満々。自分の力を見せたい」と力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ