PR

スポーツ スポーツ

貴景勝、綱取りに挑む初場所 「プレッシャーない」

オンラインによる会見で、綱とり場所への決意をにじませた貴景勝(日本相撲協会提供)
オンラインによる会見で、綱とり場所への決意をにじませた貴景勝(日本相撲協会提供)

 日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の新番付を発表し、先場所優勝で初の綱とりに挑む貴景勝は東大関に座った。

 貴景勝にとって、初めて「綱取り」に挑む場所になる。連続優勝すれば横綱に昇進する可能性が高い。番付発表を受けてオンライン会見に臨んだ貴景勝は「プレッシャーは全くない」と言い切った。むしろ勝負の場所を楽しみにしているよう。「全員が経験できることではない。人生の糧になる。伸び伸びとやっていきたい」と力強く話した。

 11月場所後は約1週間の休養をはさんで、精力的に体を動かしてきた。部屋での基礎運動で体力を戻し、希望力士を対象にした合同稽古に参加。横綱白鵬や大関朝乃山らと相撲を重ねた。調整は順調で、「体作りは良い感じで仕上がってきている」と胸を張った。

 11月場所は他の横綱、大関陣が全員休場し、対戦がなかった。最高位を手繰り寄せるには、戻ってくるであろう上位力士を倒す必要がある。意気込みを問われると、「目の前の一番に集中しないと次の日はこない。(終盤に)横綱、大関とやる前に崩されたらなんの意味もない」と初日から全開で闘う覚悟を示した。

 11月場所後には部屋の名称が千賀ノ浦から常盤山(ときわやま)に変わった。心機一転、新年を迎える。「来年は良いことも悪いこともあると思う。悪い時は精神的に伸びるときだと思って腐らず、良い時はそれが続くように努めていきたい」。24歳にして達観の境地に立つ。

 横綱昇進は小学生のころからの夢。新年最初の土俵でつかみ取るか。平成29年初場所後の稀勢の里以来となる横綱誕生に期待が膨らむ。(浜田慎太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ