PR

スポーツ スポーツ

新入幕の翠富士 「10勝して三賞を獲りたい」

 初場所で新入幕を果たし番付表を手にする翠富士=24日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)
 初場所で新入幕を果たし番付表を手にする翠富士=24日、東京・両国国技館(日本相撲協会提供)

 日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の新番付を発表し、翠富士が静岡県出身では2010年春場所の磋牙司以来、戦後5人目の新入幕を果たした。

 11月場所で十両優勝を果たし、初場所の新入幕を決めた翠富士はオンライン会見で「(番付表の)一番上の段にいくと字の大きさも違ってすごくうれしい」と喜びを口にした。

 静岡県出身。近大を中退し、平成28年に伊勢ケ浜部屋から初土俵を踏んだ。身長171センチの小兵で技術があり、正攻法の押し相撲も取れる。成長の要因は「体重が増えたこと」。現在は118キロで、新十両時より10キロほど増えたという。初場所の目標については「10勝して三賞を獲りたい」と堂々と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ