PR

スポーツ スポーツ

【ラガール通信】「ロールモデルにならなきゃ」英プレミアデビュー、鈴木彩香の思い

 自身のパフォーマンスとチームの方向性をいかに考えるかについても、海外挑戦で学びたいテーマの一つという。「組織に染まりすぎてもいけないし、染まらなすぎてもいけない。バランスが大事だけど、そういったところが日本人には難しい」と指摘。「自分の色を出しつつチームのために何ができるかを考えて行動できる選手が一人でも増えれば、(W杯での)ベスト8に近づく。まずは私がロールモデルにならなくちゃなという思いです」と言葉に力がこもる。

 確固たる地位を築いている日本とは違い、周囲が特に気遣ってくれることはない。英語が堪能でないのもハンディになっている。そんな向かい風も自らが求めていたものだ。条件はそろった。腕力自慢がそろうラグビー先進国の英国でその技術をアピールし、さらなる高みを目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ