PR

スポーツ スポーツ

過去の取組映像を公開 相撲協会、ユーチューブで

 日本相撲協会は23日、動画投稿サイト「ユーチューブ」の協会公式チャンネルで「大相撲アーカイブ場所」と称し、過去の取組映像などを順次公開すると発表した。閲覧にはメンバー登録が必要で月額990円(税込み)。

 24日からは、関脇だった千代の富士(のち横綱)が初優勝を果たし、大関昇進を決めて「ウルフフィーバー」が巻き起こった昭和56年初場所の幕内全取組を、初日から日ごとに公開していく。来年1月12日からは原則火曜日、金曜日の週2度の更新になる。

 相撲協会は400場所以上の取組映像を所蔵しており、明治や大正時代の貴重な映像も紹介される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ