PR

スポーツ スポーツ

ウルフが全日本柔道欠場 昨年覇者で五輪代表

ウルフ・アロン
ウルフ・アロン

 全日本柔道連盟は23日、東京五輪男子100キロ級代表のウルフ・アロン(了徳寺大職)が右膝負傷により、体重無差別で争う全日本選手権(26日・講道館)を欠場すると発表した。「右膝関節炎、関節水腫で現在リハビリ中。4週間の加療を要する見込み」との診断内容だった。代替選手はいない。

 24歳のウルフは昨年初優勝で大会2連覇が懸かっていた。昨年12月のマスターズ大会後に右膝を手術し、同大会を最後に実戦を離れている。関係者によると患部の回復具合にまだ不安があり、来年1月以降の国際大会出場を見据えて大事を取ったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ