PR

スポーツ スポーツ

五輪アジア予選は4月カザフに変更 世界レスリング連合

 世界レスリング連合(UWW)は22日、来年3月下旬に中国の西安で予定されていた東京五輪のアジア予選を、4月9~11日にカザフスタンのアルマトイで開催すると発表した。アルマトイで2月に開催予定だったアジア選手権も、五輪予選後の4月12~17日に続けて実施する。

 アジア予選には、日本からは五輪出場枠を獲得していない10階級に出場予定。女子50キロ級で元世界女王の須崎優衣(早大)や男子フリースタイル57キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルの樋口黎(日体大助手)らが2位以内に入れば、五輪代表に決定する。

 ソフィアで開催される東京五輪の世界最終予選も、当初より1週間遅らせて5月6~9日の実施となった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ