PR

スポーツ スポーツ

五輪代表の文田2年ぶりV レスリング

 レスリングの全日本選手権最終日は20日、東京・駒沢体育館で計6階級が行われ、男子のグレコローマンスタイル60キロ級は2017、19年世界選手権覇者で東京五輪代表の文田健一郎(ミキハウス)が2試合を勝ち、旧階級を含めて2年ぶり3度目の日本一に輝いた。

 フリースタイル57キロ級は17年世界王者の高橋侑希(ALSOK)が2年ぶり4度目の優勝。東京五輪アジア予選(来年3月・西安=中国)代表の樋口黎(日体大助手)は初戦の準決勝で敗れた。

 非五輪階級のフリー92キロ級はアジア予選86キロ級代表の高谷惣亮(ALSOK)が制し、4階級にわたっての10年連続優勝。グレコ72キロ級は高橋昭五(警視庁)が67キロ級と合わせて3年連続で頂点に立った。

 女子の53キロ級は17歳の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)が初制覇。17、18年世界女王の奥野春菜(至学館大)は初戦で藤波に屈した。非五輪階級の65キロ級は森川美和(日体大)が昨年の68キロ級に続いて制した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ