PR

スポーツ スポーツ

立浪部屋、さらに1人感染 幕下以下、計11力士に

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は19日、立浪部屋所属の幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同部屋の感染は幕内天空海(あくあ)を含め、11力士になった。

 今回陽性が判明した力士は軽症で、ホテルに隔離措置となった。大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の出場について、芝田山部長は「この状況なら問題ないと思う」と話した。

 全国的な感染拡大を受け、相撲協会は各部屋に改めて注意喚起を通達した。25日以降は原則的に外出禁止期間になる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ