PR

スポーツ スポーツ

女子57キロ級は南條がV2 全日本レスリング第3日

女子57キロ級決勝 永本聖奈(手前)を攻める南條早映=駒沢体育館(代表撮影)
女子57キロ級決勝 永本聖奈(手前)を攻める南條早映=駒沢体育館(代表撮影)

 レスリングの全日本選手権第3日は19日、東京・駒沢体育館で計8階級が行われ、女子は57キロ級で南條早映(さえ=至学館大)が2試合を勝ち、2連覇を果たした。68キロ級で松雪成葉(なるは=至学館大)が72キロ級の2017年大会以来3年ぶりの日本一。非五輪階級の59キロ級で花井瑛絵(あきえ=至学館大)が初優勝した。

 男子グレコローマンスタイルはともに非五輪階級の55キロ級で片桐大夢(ひろむ=拓大)が3連覇し、63キロ級で清水賢亮(けんすけ=拓大)が初制覇した。

 男子フリースタイルは74キロ級で木下貴輪(きりん=クリナップ)、86キロ級で石黒隼士(はやと=日大)、非五輪階級の79キロ級で吉田隆起(自衛隊)がいずれも初の頂点に立った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ