PR

スポーツ スポーツ

大関陣が申し合い 綱取りの貴景勝4勝6敗、合同稽古

朝乃山(右)と相撲を取る貴景勝=東京都墨田区の両国国技館内相撲教習所 (代表撮影)
朝乃山(右)と相撲を取る貴景勝=東京都墨田区の両国国技館内相撲教習所 (代表撮影)

 大相撲初場所(来年1月10日初日、両国国技館)に向けた合同稽古2日目が19日、国技館内の相撲教習所で行われ、貴景勝と朝乃山の両大関と小結照ノ富士、高安の元大関の4人による熱のこもった申し合いが繰り広げられた。

 初場所で綱とりに挑む貴景勝は4勝6敗。序盤は高安に上体を起こされる内容もあった。終盤には立ち合いから一気に前に出る本来の押しも見せた。「感覚を磨く方が大事。良くなる部分と悪くなる部分がある。しっかりテーマに沿ってやっていきたい」と冷静に話した。豪華な顔ぶれの鍛錬には「いい経験になった。なかなかできない」と前向きだった。

 11月場所で右肩を痛め、初場所を初のかど番で迎える朝乃山も4勝6敗だった。心掛けたのは、得意の左上手を引いての攻めを磨くことだったといい「立ち合いやその後の攻めで全然自分の形になれなかった。そこらへんが課題」と自らに言い聞かせた。

 大関復帰を目指す高安は10勝4敗と好調だった。この申し合い後には横綱白鵬とも14番取るなど精力的で「ここ数場所で一番いい稽古ができた。達成感があった。中途半端な相撲は少なかった」と手応えをにじませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ