PR

スポーツ スポーツ

屋比久が2連覇、園田V7 レスリング全日本選手権

【レスリング全日本選手権第2日】男子グレコローマンスタイル77キロ級決勝。小路直頌(右)を攻める屋比久翔平=18日、東京・駒沢体育館(代表撮影)
【レスリング全日本選手権第2日】男子グレコローマンスタイル77キロ級決勝。小路直頌(右)を攻める屋比久翔平=18日、東京・駒沢体育館(代表撮影)

 レスリングの全日本選手権第2日は18日、東京・駒沢体育館で計8階級が行われ、男子はグレコローマンスタイル77キロ級で東京五輪アジア予選(来年3月、西安=中国)代表の屋比久(やびく)翔平(ALSOK)が3試合を勝ち、2年連続5度目の日本一に輝いた。

 五輪アジア予選代表でグレコ130キロ級の園田新(ALSOK)は7連覇、フリースタイル97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)は3連覇を果たした。

 グレコ87キロ級の阪部創(自衛隊)とフリー65キロ級の山口海輝(日体大)は初優勝。

 東京五輪代表が出場を見送った女子は76キロ級で鏡優翔(ゆうか)(東洋大)が2018年大会の72キロ級以来2年ぶりに頂点に立った。50キロ級で吉元玲美那(至学館大)、62キロ級で尾崎野乃香(エリートアカデミー)が初制覇した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ