PR

スポーツ スポーツ

阿部が24分の死闘制す 丸山破り東京五輪へ 柔道男子66キロ級代表

男子66キロ級代表決定戦 丸山城志郎(左)を攻める阿部一二三=講道館
男子66キロ級代表決定戦 丸山城志郎(左)を攻める阿部一二三=講道館
その他の写真を見る(1/2枚)

 柔道の東京五輪代表男女各7階級のうち、唯一決まっていなかった男子66キロ級の代表決定戦が13日、東京都文京区の講道館で行われ、2017、18年世界王者の阿部一二三(パーク24)が19年世界王者の丸山城志郎(ミキハウス)を24分間に及ぶ熱戦の末に破り、初の五輪代表入りを決めた。直接対決の1試合のみで五輪代表を決める「ワンマッチ」方式は日本柔道史上初。新型コロナウイルス対策のため、無観客開催となった。

 序盤から両者とも果敢に攻めを繰り出し、規定の4分間で決着がつかないまま延長戦に突入した。

 23歳の阿部は得意技の背負い投げや大内刈りを繰り出し、27歳の丸山は内股やともえ投げに加えて、奇襲技の肩車を出すなど、死力を尽くした攻防が繰り広げられた。

 開始から24分、阿部の放った大内刈りに丸山の背中が畳を打つ。技ありのポイントを奪った阿部が、激戦に終止符を打った。

 阿部は、妹で女子52キロ級の詩(うた)(日体大)とともに代表入り。日本柔道初のきょうだい五輪代表となった。

 東京五輪の男女日本代表は計14人がすべて決まった。男子は2連覇を狙う73キロ級の大野将平(旭化成)ら16年リオデジャネイロ五輪代表4人が占めた一方、女子は7人のうち6人が初出場となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ