PR

スポーツ スポーツ

立浪部屋、新たに7人感染 天空海関ら陽性10人に

 日本相撲協会は11日、立浪部屋に所属する幕内天空海関(30)=本名高畠祐貴、茨城県出身=と幕下以下6人の計7力士が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。10日には幕下以下の3力士の陽性が確認されており、同部屋の感染者は計10人になった。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると重症者はおらず、大半が無症状という。初場所(来年1月10日初日、両国国技館)の出場については「今の症状で順調にいけば(出場は)問題ないと思う」と述べた。

 立浪部屋は茨城県つくばみらい市にある。10日に感染が確認された3人の濃厚接触者17人にPCR検査を実施し、7人の感染が分かった。10人のうち1人は入院、残りの9人は指定ホテルでの隔離措置になる。感染者は他の部屋の力士に接触していないという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ