PR

スポーツ スポーツ

渋野が1打差2位好発進、笹生5位 全米女子OPゴルフ第1日

前のニュース

第1ラウンド、3番でティーショットを放つ渋野日向子。3アンダーで2位=チャンピオンズGC(共同)
第1ラウンド、3番でティーショットを放つ渋野日向子。3アンダーで2位=チャンピオンズGC(共同)

 女子ゴルフのメジャー、全米女子オープン選手権は10日、米ヒューストンのチャンピオンズGC(パー71)の2コースで第1ラウンドが行われ、昨夏の全英女子オープン覇者、渋野日向子が4バーディー、1ボギーの68で首位と1打差の2位と好発進した。

 19歳の笹生優花が4バーディー、2ボギーの69で5位、3年連続出場の畑岡奈紗は1バーディー、1ボギーの71で24位につけた。昨年5位の比嘉真美子は73で河本結、稲見萌寧、西村優菜、高橋彩華と並ぶ55位、上田桃子と勝みなみは74で75位。古江彩佳は76で108位、小祝さくらは77で124位、原英莉花は83で154位と出遅れた。

 エーミー・オルソン(米国)が16番でホールインワンを記録するなど67で首位に立ち、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、金アリム(韓国)が渋野と2位に並んだ。

 大会は新型コロナウイルスの影響で6月から延期され、無観客で実施。(共同)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ