PR

スポーツ スポーツ

幕下以下3人がコロナ感染 大相撲、同じ部屋で

 日本相撲協会は10日、同じ部屋に所属する幕下以下の力士3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも9日に発熱やせきの症状を訴え、10日に陽性が確認された。今後は保健所の指示に従って入院治療などを行う。濃厚接触者と特定されなかった部屋関係者にも、協会としてPCR検査を実施予定。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「そんなに重い症状ではないということだが様子を見ないといけない」と述べた。改めて感染防止の注意喚起を協会員に通達する。

 協会は個人情報保護の観点から、幕下以下の感染者についてしこ名、部屋名を公表していない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ