PR

スポーツ スポーツ

柔道東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩 代表合宿再開に「ようやくスタート」

今年初めて全体で行われた強化合宿に参加し、オンライン取材に応じる阿部詩
今年初めて全体で行われた強化合宿に参加し、オンライン取材に応じる阿部詩

 新型コロナウイルス感染拡大後初となる柔道日本女子の強化合宿に参加している東京五輪女子52キロ級代表の阿部詩(日体大)が8日、オンライン取材に応じ「にぎやかな雰囲気が懐かしく、ようやくスタートしたという気持ち。質の高い練習ができている」と話した。

 合宿は7~12日まで東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで実施されている。五輪全7階級の代表や強化選手ら計約50人が参加し、阿部は「次の試合に向けた準備」をテーマに置く。コロナ禍で2月の国際大会を最後に実戦から遠ざかっている。今後は、来年1月のマスターズ大会(ドーハ)に出場する意向を明らかにした。

 13日には兄の一二三(パーク24)が丸山城志郎(ミキハウス)との男子66キロ級五輪代表決定戦を控える。「信じて応援するだけ。最後まで見守りたい」と兄妹での五輪出場を願った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ