PR

スポーツ スポーツ

菅野をMLBがポスティング通知 来月8日まで交渉 巨人残留の線も

巨人の菅野智之投手(撮影・水島啓輔)
巨人の菅野智之投手(撮影・水島啓輔)

 米大リーグ機構(MLB)は7日、メジャー球団との交渉のためポスティングシステムの申請をプロ野球巨人に申し入れていた菅野智之投手(31)を全30球団に対し、契約可能選手として通知したと発表した。交渉期間は米東部時間8日午前8時(日本時間8日午後10時)から来年1月7日午後5時(同8日午前7時)までで、譲渡金を支払う意思がある全ての球団が交渉可能。契約が成立すれば契約金と年俸の総額に応じ、巨人への譲渡金額が決まる。

 大リーグの今オフの移籍市場は新型コロナウイルスの影響で不透明な状況が続いており、巨人残留の選択肢もあるという。

 菅野は神奈川・東海大相模高から東海大を経て2013年にドラフト1位で巨人入り。14年にセ・リーグ最優秀選手、17年から2年連続で沢村賞に輝いた。今季はプロ野球新記録の開幕投手からの13連勝などで14勝2敗、防御率1・97でチームのリーグ2連覇に貢献した。通算成績は196試合に登板し、101勝49敗、防御率2・32。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ