PR

スポーツ スポーツ

明大が早大破りV2 関東大学ラグビー対抗戦

 ラグビーの関東大学リーグ対抗戦の最終日は6日、東京・秩父宮ラグビー場などで行われ、明大が早大に34-14で勝ち、6勝1敗の勝ち点24で早大と並び、直接対決を制したため2季連続18度目(同リーグ通算32度目)の優勝を決めた。

 明大は前半にナンバー8箸本主将らで3トライを奪って21-7で折り返し、後半も点差を広げた。両校の通算成績は明大の40勝54敗2分け。

 慶大は帝京大に30-27で逆転勝ちし、5勝2敗とした。帝京大は4勝3敗。筑波大は41-14で日体大を下した。

 対抗戦は全日程が終了し、3位以下は慶大、帝京大、筑波大、日体大、立大、青学大。5位までが全国大学選手権に進む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ