PR

スポーツ スポーツ

2戦連続V狙う金谷、勝てば大会最年少優勝 日本シリーズJT杯ゴルフ

練習グリーンで調整する金谷拓実=東京よみうりCC
練習グリーンで調整する金谷拓実=東京よみうりCC

 10月にプロ転向した東北福祉大4年の金谷が、年内最終戦で2戦連続優勝を狙う。カギを握るホールに18番(パー3)を挙げ、「このコースで一番難しい。寒気がするようなグリーン。パーを取れたらバーディーくらいの気持ちで4日間戦う」と気合をみなぎらせた。

 大学4年という節目の年に、コロナ禍で特別なシーズンを過ごした。夏には部活動停止を受けて広島の実家に戻るなど調整は困難を極めたが、プロ転向3戦目で優勝を果たすなど、アマチュア世界一に輝いた実力を存分に披露。「いつもなら当たり前の試合や合宿が行えない。試合のありがたみをすごく感じた1年だった」と振り返る。

 東京五輪出場を狙い、「どの試合も優勝する気持ちでプレーしたい」と力をこめる22歳。勝てば23歳で制した1981年大会の羽川豊の記録を更新する大会最年少優勝(73年のツアー制度施行後)となる。(奥村信哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ