PR

スポーツ スポーツ

デスパイネ、満塁弾に上機嫌「最高の結果になった」 日本シリーズ

【プロ野球日本シリーズ巨人対ソフトバンク第2戦】7回 満塁本塁打を放つソフトバンクのアルフレド・デスパイネ=京セラドーム(中井誠撮影)
【プロ野球日本シリーズ巨人対ソフトバンク第2戦】7回 満塁本塁打を放つソフトバンクのアルフレド・デスパイネ=京セラドーム(中井誠撮影)

 ソフトバンクのデスパイネが前身の南海、ダイエー時代を含め、日本シリーズでは球団史上初の満塁本塁打を放った。7-2の七回に鍵谷の速球を右中間へ打ち返し「打った瞬間に入ると思ったよ。最高の結果になってくれて良かった」と上機嫌で振り返った。

 一回に内野ゴロで走者を生還させ、五回にも犠飛をマーク。1試合6打点は2004年の西武カブレラらに並ぶ日本シリーズ最多記録となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ