PR

スポーツ スポーツ

明大、対抗戦連覇に望みつなぐ 関東大学ラグビー

【ラグビー 関東大学対抗戦】<帝京大対明治大> 後半 スクラムで帝京大の反則を誘い、ガッツポーズを見せる明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(長尾みなみ撮影)
【ラグビー 関東大学対抗戦】<帝京大対明治大> 後半 スクラムで帝京大の反則を誘い、ガッツポーズを見せる明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(長尾みなみ撮影)

 ラグビーの関東大学リーグ、対抗戦は明大が帝京大に39-23で逆転勝ちし、5勝1敗とした。

 明大が1敗で並んでいた帝京大に逆転勝ちし、対抗戦連覇に望みをつないだ。序盤はボール争奪戦で後手に回り、前半30分で7-23とされたが、看板の強力FW陣が発奮。33分にモールから奪ったフッカー田森のトライを皮切りに反撃に転じ、SH飯沼のトライで逆転した後半は帝京大に得点を許さなかった。

 相手にコロナ陽性判定の選手が出た7日の日体大戦が中止となり、公式戦から3週間も遠ざかっていた。田中監督は「前半は試合に入り込めていなかったが、スクラムやモールでメイジらしさを出せた」と劣勢から立て直したフィフティーンをたたえた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ