PR

スポーツ スポーツ

五輪観客の上限、来春までに最終決定 会場のマスク着用徹底も

東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検討する調整会議終了後、取材に応じる大会組織委員会の武藤敏郎事務総長(左)=12日午後0時10分、東京都中央区(代表撮影)
東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検討する調整会議終了後、取材に応じる大会組織委員会の武藤敏郎事務総長(左)=12日午後0時10分、東京都中央区(代表撮影)

 政府は12日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策を検討する調整会議の第5回会合を首相官邸で開き、競技会場における観客数の上限を来年春までに最終決定する方針を確認した。決定にあたっては国内外の感染状況をふまえ、政府の上限規制に準じることを基本とする。

 海外から観客を受け入れる場合、通常求めている14日間の自主待機措置は現実的でないとして、同程度の防疫措置を講じた上で待機措置を免除する方向で検討する。公共交通機関の使用も原則認める方向だが、感染状況が深刻な国・地域からの入国は通常の自主待機を求めることも視野に、来春までに具体策を固める。

 各会場でのコロナ対策では、マスク着用や手指消毒の徹底などを定めた観客向けガイドラインを作成。悪質な違反者に対しては入場拒否や退場措置も含めて対応するとした。

 政府からは参加国・地域との交流を図る全国のホストタウンに対し、感染防止策をまとめた「受け入れマニュアル」策定のための指針が示された。選手らの滞在場所や移動経路を記載した行程表の作成とともに、移動手段や練習場所は原則専用車両・施設とすることなどを求めた。

 大会前に国内で開催される国際大会や強化合宿などに参加する国内外の選手については、必要な防疫措置を講じた上で特例での入国を認め、自主待機期間中に大会参加などの活動が可能となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ