PR

スポーツ スポーツ

萱「五輪につながる大事な大会」 体操国際大会控え日本勢会見

 体操の国際大会(11月8日、東京・国立代々木競技場)に出場する日本勢が29日、オンラインで会見し、男子の萱和磨(かや・かずま)(セントラルスポーツ)が「東京五輪につながる大事な大会になる。見ている人を元気付けたり、日本が安全な国だと示せる大会にしたい」と抱負を語った。

 大会にはロシアと中国、米国からも選手が参加。新型コロナウイルス感染症対策を徹底し、大会を無事に運営できるか注目される。

 日本選手たちは東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで“隔離”合宿中だ。PCR検査を受けながら不要な外出を控える生活を送っており、谷川航(同)は「自分だけの問題じゃない」と感染予防への意識を高めている。

 左アキレス腱(けん)断裂からの復活を期す寺本明日香(ミキハウス)は「外出できなくても良い環境。練習に集中できている」と前向きに語った。大会では4種目への出場に意欲を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ