PR

スポーツ スポーツ

阪神マルテ「ただいま」の一発 復帰戦初打席で決勝弾

【阪神―広島】一回、復帰後初打席で左中間に先制2ランを放つ阪神のマルテ=10月21日、甲子園(宮沢宗士郎撮影)
【阪神―広島】一回、復帰後初打席で左中間に先制2ランを放つ阪神のマルテ=10月21日、甲子園(宮沢宗士郎撮影)

 開幕当初の主軸候補が、シーズン終盤に戻ってきた。阪神は左ふくらはぎの張りで戦列を離れていたマルテが、7月4日以来となる復帰戦の初打席で先制2ラン。これが決勝点となって広島に2-0で勝利した。存在感を発揮した助っ人は、お立ち台では日本語で「みんな、ただいま」と声を張り上げた。

 1軍昇格即「3番・三塁」で先発出場し、一回1死一塁、広島先発の遠藤の浮いたスライダーをフルスイング。高々と舞い上がった打球は左中間席のファンの元へ届いた。チーム本塁打数を3年ぶりに100に到達させる一発に「手応え十分。この日を心待ちにしていた」と喜んだ。

 昨季12本塁打を放ち、2年目の今季は大山を押しのけ三塁のレギュラーとして開幕を迎えたが、長期離脱を余儀なくされた。その間、大山はタイトル争いを繰り広げる活躍。だが首脳陣は打線てこ入れのため、大山をプロ初の右翼に回すまでして、外国人3選手が入る打線を構築した。

 久々の本塁打に「マルちゃん(マルテ)自身のイメージも上がる」と矢野監督。来季残留に向け、最高のアピールとなった。 (上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ