PR

スポーツ スポーツ

府立高の山田は近畿大会初戦で敗退 平安相手に守備に乱れ

【龍谷大平安-山田】力投する山田先発の坂田。被安打4で4失点を喫した=10月18日、京都市のわかさスタジアム京都
【龍谷大平安-山田】力投する山田先発の坂田。被安打4で4失点を喫した=10月18日、京都市のわかさスタジアム京都

 来春の選抜高校野球大会の出場校選考に重要な資料となる秋季近畿大会が18日、わかさスタジアム京都(京都市)で開幕し、1回戦3試合が行われた。大阪勢の公立校としては26年ぶりの出場となった山田は3失策と守りが乱れ、龍谷大平安(京都)に1-4で敗れた。一般枠での甲子園出場は苦しくなった。

 山田は三回に先制を許すと、四、六、七回にもエラー、バッテリーミスがからんで失点。攻撃は一回1死二、三塁で4番横田の中飛に二塁走者が飛び出してアウトになるなど、好機で4度の併殺を喫した。相手の4安打を上回る7安打を放ったが、七回に岩崎の適時二塁打による1点に抑えられ、先発の坂田を援護できなかった。

 金子監督は「(エラーは)難しい打球だったが、硬さが出た。守備が乱れると勝てない」、主将の尾崎は「ミスが多く、大阪大会のようにはいかなかった。練習で一つずつ課題を潰していきたい」と話した。エースの坂田は「強豪ばかりの近畿大会に出られて楽しかった。変化球でカウントをとれたのは自信になる」と次を見据えていた。

 山田は秋季大阪大会の3位決定戦で、昨夏の甲子園大会を制した履正社に2-1で勝利。近畿大会に進出していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ