PR

スポーツ スポーツ

リオ五輪銅の近藤が現役引退 柔道女子48キロ級

 柔道女子48キロ級でリオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(25)=三井住友海上=が16日、現役引退を発表した。自身のツイッターで、「私、近藤亜美は競技生活を引退する事を決断致しました。今までの沢山の応援、サポートに心から感謝しています。ありがとうございました。振り返るとキリがない程濃い20年間、いい人生でした」とつづった。

 19歳で初出場した2014年の世界選手権を制覇。リオ五輪後も東京五輪代表を目指して渡名喜風南(パーク24)と争ったが、かなわなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ