PR

スポーツ スポーツ

柔道男子、井上康生監督「一丸となって準備したい」 来夏の東京五輪へ

オンラインで取材に応じる柔道日本男子の井上康生監督=16日
オンラインで取材に応じる柔道日本男子の井上康生監督=16日

 強化合宿を再開した柔道日本男子の井上康生監督が16日、オンラインでメディアの合同取材に応じ、「久しぶりの全体合宿で、選手、コーチ、スタッフが改めて五輪に向けて気持ちを引き締めている。もう一度、一丸となって準備したい」と心境を語った。

 国内での強化合宿は昨年12月以来で、リオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダルの大野将平(旭化成)ら来夏の東京五輪代表6選手と、男子66キロ級代表を狙う丸山城志郎(ミキハウス)が参加。12~17日まで非公開で東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターを拠点に実施し、乱取りなども行っている。

 井上監督は久々に集まった顔ぶれの中で、特に五輪2連覇を狙う大野を「リーダーシップを持って引っ張ってくれている」と評価。「技術指導の情報交換やメンタル面を含めて、存在感がある」とたたえた。

 12月のグランドスラム東京大会は中止になったが、強化合宿は11月以降も定期的に実施するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ