PR

スポーツ スポーツ

3冠にGI最多勝…秋競馬、史上初の偉業へ3頭が挑む

 皐月賞、ダービー、菊花賞を制した三冠馬は過去に7頭。だが無敗での達成となると、「皇帝」と呼ばれた84年のシンボリルドルフと、2005年のディープインパクトだけだ。ディープインパクト産駒であるコントレイルがこれに続けば、父子2代での無敗の3冠はもちろん初めてだ。

 皐月賞、ダービーとも2着だったサリオスが菊花賞出走を見送ったことも追い風となっている。デアリングタクトに続く快挙達成となれば、同一年に牡牝の三冠馬が誕生するという初めての記録が、「無敗」という大きなおまけつきで成し遂げられることになる。

芝GI最多勝

 順調に連勝を重ねた3歳の2頭とは異なり、現役最強馬アーモンドアイ(5歳牝馬)にとって、秋は雪辱の舞台になる。目指すは日本馬単独最多となる芝のGI8勝目。春に達成できず、持ち越した記録だ。

 競馬界には「ルドルフの呪い」という言葉がある。シンボリルドルフはGI7勝を挙げて引退。その後、ディープインパクトやキタサンブラックなど錚々たる名馬5頭がこの記録に並んだが、いずれも8勝目を挙げることなく現役を退いたことが由来だ。

 アーモンドアイは5月のヴィクトリアマイル(GI)で7勝とした後、単勝1・3倍の圧倒的な1番人気で臨んだ安田記念(GI)で、まさかの2着。国枝栄調教師は「負けるシーンは想像もしなかった」とうなだれた。天皇賞・秋はそれ以来のレースとなるが、どちらかといえばレース間隔があいた方が好走するタイプで、昨年も同じローテーションで快勝した。

 主戦のクリストフ・ルメール騎手が「すべてを備えている」と評する名馬だが、現役生活は年内いっぱいの可能性もある。2度目の年度代表馬を目指す上で、牡牝2頭の三冠馬が誕生していれば大きなライバルとなる。天皇賞・秋すら通過点に、ジャパンカップ(GI)か有馬記念(GI)で記録のさらなる上積みを狙うかも注目される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ