PR

スポーツ スポーツ

不倫問題で聴取の瀬戸選手 あすにも処分 日本水連

日本水泳連盟の入る建物からタクシーで出る競泳日本代表の瀬戸大也(左)=12日、東京都新宿区(桐原正道撮影)
日本水泳連盟の入る建物からタクシーで出る競泳日本代表の瀬戸大也(左)=12日、東京都新宿区(桐原正道撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 日本水泳連盟は12日、東京都内で倫理委員会を開き、不倫問題で東京五輪の競泳日本代表主将を辞退した東京五輪代表、瀬戸大也選手(26)の事情聴取を行った。13日に臨時の常務理事会を開催し、処分を決定する見通し。

 瀬戸選手は午後1時すぎ、マネジメント会社の関係者とともに日本水連事務局を訪れ、約1時間にわたり聴取を受けた。日本水連の関係者によると、処分は厳重注意など比較的軽いものになる見込みという。

 瀬戸選手は9月24日、夫人でない女性とラブホテルに入ったとの報道を認めて謝罪。所属先だったANAとの契約は解除され、日本オリンピック委員会(JOC)の肖像権事業「シンボルアスリート」の契約も打ち切りになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ