PR

スポーツ スポーツ

ラグビー元日本代表の湯原氏が死去 東芝コーチ

 ラグビー・トップリーグ(TL)の東芝は30日、同チームでFWコーチを務める2011年、15年ワールドカップ(W杯)日本代表の湯原祐希さんが29日に死去したと発表した。36歳だった。死因は公表していない。

 湯原さんは2006年、流通経済大から東芝入り。2008年10月にTL初出場を果たし、FW最前列のフッカーとして活躍した。日本代表としては10年5月の韓国戦を皮切りに、代表キャップ22を獲得。引退後は19年から東芝でコーチに就任していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ