PR

スポーツ スポーツ

来季ラグビーTLは1~5月開催 下部含めV争い

 日本ラグビー協会は28日、2021年シーズンのトップリーグ(TL)の概要を発表した。来年1月16日に開幕して5月まで開催。第1ステージ(S)はTL16チームで実施するが、第2Sには9チームの下部トップチャレンジリーグからも勝ち上がることが可能で、25チームで優勝を争う。チケットなどの詳細は11月上旬に発表される。

 第1Sは16チームがレッド・カンファレンスとホワイト・カンファレンスに分かれ、1回戦総当たりのリーグ戦を行う。この順位に基づいて第2Sでは4組に振り分け、トップチャレンジリーグからも上位4チームを加える。各組の上位チームがトーナメント方式のプレーオフに進む。

 新型コロナウイルスの感染防止のため、第1Sは1会場1試合で開催。開幕日にはサントリー-トヨタ自動車など5試合が組まれた。選手らにPCR検査を義務付ける方針で、陽性者が出た場合の対応や第2S以降の日程などは今後決める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ