PR

スポーツ スポーツ

阪神、浜地選手が新型コロナ陽性判定 2軍戦は中止に

阪神・浜地真澄投手=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)
阪神・浜地真澄投手=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

 プロ野球の阪神は25日、浜地真澄投手(22)が新型コロナウイルス感染を調べる検査で24日に陽性判定を受けたと発表した。

 浜地投手は今月11日に1軍に昇格。19日の中日戦(ナゴヤドーム)で今季初登板。試合後、名古屋市内の飲食店でチームメート3人と会食していた。その後、21日に出場選手登録を抹消され、22日に2軍の広島戦(由宇)に出場。24日に鼻づまりや倦怠感があったため、帰阪して検査を受けた。21日ごろから軽度の頭痛があったという。

 浜地投手の陽性判定を受け、球団は1軍の監督、選手、スタッフ全員にPCR検査を実施。25日夜のヤクルト戦については、日本野球機構(NPB)などと相談する。

 また、2軍の監督、選手、スタッフは前日に検査を受けて全員が陰性だった。25日に予定されていた2軍の中日戦は中止となった。

 阪神では3月下旬、伊藤隼太外野手(31)、藤浪晋太郎投手(26)、長坂拳弥捕手(26)の3選手が、プロ野球選手で初めて新型コロナウイルスに感染。球団は約3週間にわたり、活動を休止した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ