PR

スポーツ スポーツ

ラグビーの関西大学リーグは11月に開幕、一部の大学で準備間に合わず

10日から練習を再開した天理大ラグビー部=14日午後、奈良県天理市(寺口純平撮影)
10日から練習を再開した天理大ラグビー部=14日午後、奈良県天理市(寺口純平撮影)

 関西ラグビー協会は24日の理事会で、新型コロナウイルス感染拡大により開催の可否を検討していた関西大学ラグビーAリーグを11月7日開幕で実施することを決めた。

 1部に相当する同リーグは当初、10月10日に開幕する計画だったが、4連覇中の強豪、天理大で8月にクラスター(感染者集団)が発生。「一部の大学で日本協会が定めるガイドラインにのっとった活動の再開が間に合わず、選手の安全を守る観点で当初予定していた時期の開幕までに準備ができないと判断した」として開幕時期を遅らせた。

 これに伴い、従来の8チーム総当たりではなく、昨シーズンの順位をもとに4チームを2組に分けてリーグ戦を行い、最終節で同順位のチーム同士が対戦する形式に変更。全国大学選手権には上位1~3位のチームが出場する。下部リーグとの入れ替え戦は行わない。観客の有無は検討中だという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ