PR

スポーツ スポーツ

【ラグビー通信】バレット、レイドロー、マピンピ… 大物続々TL加入の理由

 「各チームとも上のディビジョンに入りたいのは間違いない。ただ、何をどう頑張ればいいのか不透明」(チーム関係者)との指摘もある中、あるチーム幹部は「どれだけ成績が影響するかは分からないが、できるだけの戦力補強やプロモーション強化を進める」と一部入りへの決意を口にする。

 また、レイドローを獲得したNTTコミュニケーションズの内山浩文ゼネラルマネジャー(GM)は、新リーグで地域性や社会性も求められることを念頭に、レイドローのリーダーシップやキャプテンシーにも着目。「教育の現場に行ってもスポーツのスキルアップだけでなく、生き方や道徳の発信もできる」と期待する。

 新型コロナウイルスの影響で先行きは不透明だが、ビッグネームがさらに加わって迎えるTL最後のシーズンは来年1月から5月にかけて行われる予定。03年に始まった国内初の社会人の全国リーグの最後を飾るのにふさわしい熱戦が期待される。(運動部 橋本謙太郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ