PR

スポーツ スポーツ

仏移籍のラグビー松島「出る試合は全部活躍したい」 9月6日いよいよ初戦

オンラインで記者会見するラグビーの松島幸太朗=17日
オンラインで記者会見するラグビーの松島幸太朗=17日

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本代表で、トップリーグのサントリーからフランス1部リーグのクレルモンに移籍したFB松島幸太朗(27)が17日、オンラインで会見し、9月6日にトゥールーズとの初戦を迎える今季の目標について「チームとしては優勝。個人としてはハイスタンダードのパフォーマンスを維持し、出る試合は全部活躍できるように」と語った。

 チーム合流から約1カ月が経過し、練習では本職のFBだけでなく、司令塔のSOを務めることもあるという。チームメートとは英語や簡単なフランス語でコミュニケーションをとり、「先週、今週でだいぶスムーズになってきた」と連係面の手応えは十分。月曜から金曜はウエートトレーニングを含めた午前、午後の2部練習が続き、体重は5キロ増えた。サモア代表ナナイウィリアムズらと定位置を争うが、「しっかり自分から指示もできるようになった。僕の中ではアピールできていると思う」と自信を示す。

 新型コロナウイルス対策としては手洗いや消毒の徹底に加え、週1回程度のPCR検査も行われる。日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチとはメールで連絡を取り合い、11~12月の開催が取り沙汰される欧州6カ国対抗勢に日本とフィジーを加えた8チームによる国際大会については「開催することがあれば出たい気持ちはある。そのためにも試合に出続け、試合勘を身につけておきたい」と意欲的に話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ