PR

スポーツ スポーツ

巨人・亀井、代打でサヨナラ打 恩師に「いい報告できたかな」

9回、ヤクルト・マクガフからサヨナラの適時打を放つ巨人・亀井善行=東京ドーム(中井誠撮影)
9回、ヤクルト・マクガフからサヨナラの適時打を放つ巨人・亀井善行=東京ドーム(中井誠撮影)

 プロ野球の巨人-ヤクルトは4-3で巨人が勝った。

 ひと振りで最高の結果を出した。巨人の亀井は同点の九回2死一、三塁で代打で登場すると、初球のストレートを中前へとはじき返した。チームは今季初のサヨナラ勝ちとなり、お立ち台で「試合時間3秒だったけど、何とか仕留められてよかった」とおどけた。

 スタメンは1日の広島戦が最後。脚の状態が本調子でなく「今は守備につけない状態」という。ただ、代打の切り札として、「こういう場面で打つことが今の仕事。10打席あったら10打席ヒットを打たないといけないくらいの気持ち」と自らを追い込み、チームに貢献してみせた。

 この日は、母校の中大で指導を受け、7日に亡くなった宮井勝成さんの告別式が行われた。参列はかなわなかったが、常に気にかけてくれた恩師をしのび、「いい報告ができたなと思う」。ベテランが感慨に浸った。(小川寛太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ