PR

スポーツ スポーツ

「日本ラグビーは素晴らしい」元スコットランド代表、レイドローが会見

 ラグビーの元スコットランド代表主将で、トップリーグのNTTコミュニケーションズに加入するSHグレイグ・レイドローが22日、オンラインで会見し、「日本ラグビーは素晴らしいスタイルを持っている。自分にとっても大きなチャレンジ。楽しみにしている」と意気込みを語った。

 レイドローはスコットランド代表として76試合に出場。2015年ワールドカップ(W杯)には主将として出場し、1次リーグで日本を破って8強入り。昨年のW杯では8強入りが懸かった日本との再戦に敗れ、1次リーグで敗退した。大会後、代表から引退した。

 これまでにイングランドやフランスでもプレーしてきたレイドローは「自分が大事にしてきたのは、行く先の文化、言語を勉強すること。それがラグビーのパフォーマンスに生きる。日本に行く前にも学びたい」と力を込めた。来日時期は9月後半から10月にかけてを予定しており、「日本に到着するころにはコンディションを万全に整えておくことが重要。そこに向けて調整している」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ