PR

スポーツ スポーツ

福島でも代替大会開催 高校野球 7月18日開幕

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今夏の全国高校野球選手権大会と出場権を懸けた県大会が中止されることを受け、福島県高野連は12日、福島市で理事会を開き、県独自の「福島2020夏季高等学校野球大会」の開催を決めた。

 大会は、県高野連主催の公式戦として7月18日に開幕。トーナメント方式で8月7日に決勝を予定している。試合は無観客とするが控え選手や保護者の入場は制限付きで認める方向。ベンチに入れる選手は20人だが、事前登録があれば試合ごとのベンチ入りメンバーの入れ替えを可能とし、3年生は登録制限を設けない方針という。

 大会運営は日本高野連のガイドラインに沿って感染症対策を徹底。大会2週間前からの検温や、大声を出しての応援自粛を求めることなどを今後、協議する。

 福島県は全国で3番目に広く移動に時間がかかるため、新型コロナウイルス感染防止の観点から日帰りで大会に臨めるよう配慮。1会場につき原則1日2試合とし、試合開始は午前10時と午後2時とする。試合の合間には消毒も行う。

 理事会終了後、記者会見した小針淳・福島県高野連理事長は「球児のために大会を『開催する』のが一番の目標。通常のようにはいかないと思うが理解してもらいたい。状況によっては中止や打ち切りもあり得る」と話した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ