PR

スポーツ スポーツ

グランアレグリア、安田記念V 池添騎手、目の周りにあざ 

会見にのぞむ池添謙一騎手=東京競馬場(撮影・蔵賢斗)
会見にのぞむ池添謙一騎手=東京競馬場(撮影・蔵賢斗)

 栄冠をもたらした負傷だった。GI馬10頭が参戦した激戦を制したグランアレグリアから降りた池添謙一騎手の目の周りには黒いあざができていた。

 「第3コーナーで芝の塊がまともに顔に当たった。その瞬間、脳振盪(しんとう)を起こしかけたけど、何とか意識を保てた。それで力が抜けたのがよかったのかも」

 その言葉通り、タイミングよく直線で抜け出して先頭に立つと、もう追ってくる馬はいなかった。池添騎手は無観客のスタンドにガッツポーズで喜びを表した。

 ヴィクトリアマイルを熱発で回避し、安田記念に照準を合わせた。藤沢和雄調教師が「たくさんGIを勝っている馬に胸を借りるつもりで」と言ったように、アーモンドアイを強く意識して臨んだ。完勝に、池添騎手は「馬の価値が上がった」と笑みを浮かべた。(佐竹修仁)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ